1. 無料アクセス解析
 

人類皆ハンサム兄弟

ハンサム兄弟、デブパレード、smiles davisとかで叫んだりラッパ吹いたりしとる人の食いしん坊日記

 
 
--年--月--日
スポンサーサイト
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2007年06月21日
不親切
 

レコーディングにむけてアレンジとか歌詞の詰め作業をしとる毎日ですが
改めて曲に対するイメージって人それぞれなんだと実感

歌詞の解説をするのはホントに嫌いなんけど。。。

たとえば自分としては新しい切り口の唄だと気にいっとるこの唄
でも意外に単なる幸せボケでスウィートなだけの唄だと捉えられがちってことを知ってしょんぼり

『ねえ』

朝の光の中 君の寝顔見ていた
夢の中の君は あと5分の自由

ねえ、ただ呼んでみた
眠たそうな君が見たかったから

午後の光の中 君の背中見ていた
おいしそうなリズム ハラペコなメロディー

ねえ、ただ呼んでみた
振り返る君が見たかったから


ねえ、ただ呼んでみた
眠たそうな君が見たかったから

ねえ、ただ呼んでみた
振り返る君が見たかったから




この唄って“今”も幸せなのかどうかなんか一言も触れてないつもりなんけどね

むしろ最後のサビぐらいで何となく切ない感じも出せたかなって。。。

でもあふれ出ちゃう幸せオーラのためか嫁に対する個人的なラブソングだと思われがちみたい

嫁ちゃん本人もそう勘違い(笑)


確かに幸せ者ですが
幸せボケしとる訳ではないんすよ

言葉多く具体的な内容の歌詞は好みじゃないんけど
ちょっと不親切すぎたやあ?


最後だけもうちょっと親切な歌詞に書き直してみようかな

悲しい唄に限定しちゃった方が分かりやすい?

何かもったいないけど


ねえ、せめて最後にもう一度~


ぐらい具体的に



今夜は渋谷屋根裏でハンサム兄弟だよ
出番はトリだで遅めっす

スポンサーサイト

 
 
 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
 
プロフィール
 

判治大介

Author:判治大介
男一匹、ハンヂ大介(ハンサム判治)食いしん坊日記

アクセス解析

 
 
リンク
 
 
 
ハンサム直通メール
 

ハンヂへのメッセージはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
月別アーカイブ
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
最近の記事
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。