1. 無料アクセス解析
 

人類皆ハンサム兄弟

ハンサム兄弟、デブパレード、smiles davisとかで叫んだりラッパ吹いたりしとる人の食いしん坊日記

 
 
--年--月--日
スポンサーサイト
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2007年12月27日
突き抜けるぜ!
 

IMG_0002.jpg

IMG_0001.jpg
トランペッター以外には興味のない日記かも

舌ベラでラッパを吹くタングマジックっつう奏法を練習しとるんけど早くも成果あったよ

でも成果ありすぎて高い音が軽く出るようになっちゃって今までと同じ気合で吹いちゃうと狙った音よりも高い音に突き抜けちゃう

こないだ友人の結婚式でパパパパーンを吹かせてもらったんけど歌詞で言うとアイラービューフォレーバーの“ラ”のとこの音がピューっと突き抜けちゃった

気持ち入りすぎて力入っちゃった

まあそれが幸いして後半は地声で唄っちゃう必殺技で大ウケだったんけど。。。

トランペットで気持ちよく伸びる中域がちょうど自分の地声の声域と同じだで使える必殺技

サッチモの1オクターブ上で絶唱できちゃう感じ

この技で爆笑を奪えるトランペッターは世界広しといえどもたぶんワシぐらいかな

なんてね



大晦日のタイムテーブルが分かったよ

デブパレードが渋谷屋根裏で20時ごろから

ハンサム兄弟が渋谷サイクロンで23時ごろからだよ

30日も代々木ザーザーズーでデブパがあるしまだまだ今年は終わらねーぜ!

スポンサーサイト
 
 
 

空は飛べるかまだ分からんけど

ラッパは吹けちゃうかも


最近のジャズってお上品すぎて性に合わんだよ
ワシが夢中で聞きまくっとったジャズのアルバムってもっともっと下品で熱かったはずなのに

だもんで自分でジャズごっこをやりたくてラッパを吹くようになったんよー

「ジャズ=魂の叫び」ってことで頼んます



声楽を勉強しとらんくても歌は誰だってカラオケとかでも歌えちゃうし
クラシックギターから勉強せんでも気軽にエレキギター始めれちゃうのに

ラッパとかの管楽器って何でか敷居が高いんよね
まずはクラシックの基本から勉強せんとダメみたいな雰囲気あったり

でももしこんな育ちの悪いワシが今よりもっとラッパで自由に唄をうたえるようになっちゃったらどーするよ?

そんだけでもオモロイら?


YHAMAHAちゃん、タイアップとかどうっすかー?

トランペットは誰でも楽しめるぞキャンペーン!とか一緒にやってあげてもいいっすよー(笑)


さっ、そろそろタングマジックの宿題やらんと

今日も地道にアーイーアーイーアーイーアーイー

 
 
2007年12月03日
牛タンマジック
 

20071203225459.jpg

トランペットをはじめてもう2年ぐらい
サッチモとマイルスのCDばっか聴いとったら自分でもラッパを吹きたくなっちゃったのがきっかけ
三十路すぎからの手習い
ボタンも3つしかないで簡単だら?って甘い考え

でも何も教わらずに吹いてみたら運良く音が出ちゃったので翌日からの北海道ツアーに持ってっちゃった
ラッパを手にして2日目で早くもライブデビュー
結納返しでマーチンコミッティーもらってそのラッパでMステに出演してタモリさんと並んで小便したり
ニューヨークでCBGBに出演したりビレッジバンガードに乱入してロイハーグローブと遊んだり
サッチモが愛用しとったラッパと同タイプのセルマーバランスドモデルを譲ってもらったり

こう書くといっぱしのトランペッターみたい

でもトランペットの技術なんかまるでナシ
あるのはボーカリストとしての経験と度胸だけ

今は家でラッパの練習なんか滅多にせんしライブとリハで遊びで吹く程度
最初の頃は吹く度に音域が広がって上達するのが実感できたけど高いドが出るようになった頃から頭打ち
いくら気合を入れてもそれ以上高い音に届かず

技術的な壁にぶちあたった感じ
そんなこんなでラッパ練習する気を失っとったみたい

今のままでも唄の合間のアクセントには十分使えとるし
ボーカリストとしての感性があればその辺のトランペッターよりラッパで唄はうたえるし

ワシのラッパはもうこのままでいいや

そんな諦め

でももう少しだけ出したい音を思うように出せればラッパでももっといい唄がうたえるのに。。。


そんな時に出会ったんがタングマジックっつう奏法

今のトランペットの奏法って実は全部間違っとるっつう一見過激な考え方
100年前には今の世界一レベルのトランペッターなんか山ほど居ったとか
唇なんかどうでもいいとか
とにかく舌ベラで吹くんだとか

新興宗教なみに胡散臭い感じ(笑)

気になって本を買ってみたけど楽譜が読めんので結局何もせずに断念
でも渋谷で講習会があるって聞きつけて昨日行って来ちゃった

生まれて初めてのお稽古事?

レコーディングやらライブやらミーティングやらでパツンパツンなスケジュールの合間を縫ってまで行ったんけど大正解

4時間弱の講習会だったんけど最初から最後まで目からウロコが溢れっぱなし

ワシは気合と根性と肺活量だけで高い音を吹こうとしとったんけど
今は全く使えとらん舌ベラさえ使えるようになればメチャメチャ上手くなっちゃうんだってさ

清原みたいに気合と根性と浪花節だけで打つバッターが大好きだけど
イチローみたいに次元が違う高い技術を持った上で熱く闘う男ってのも大好き

またラッパに夢中になっちゃった

これさえ毎日やれば見違えるように上手くなるよ、なんて嘘みたいにシンプルな宿題もらっちゃった

アーイーアーイーアーイーアーイー…
カキカキカキカキカキカカキキカカキ…

そんな宿題
意味わからんら?

でも騙されたと思って毎日やってみようかと
これでホントに上手くなっちゃったらどスゲーのん

ちょうどまた1月22日、23日と札幌2デイズがあるので北海道のみんな楽しみにしとってやー

その頃にはサッチモを超えちゃっとるかもよ(笑)

 
 
 

マイルス・デイビスはワシにとって神

日本人で唯一、マイルスのバンドのメンバーだったケイ赤城

1989~1991年というマイルス最晩年の優しさを支えた名キーボーディスト

赤城氏には失礼かもしれんがワシにとって神の晩年を支えた偉大な人

何故か昨日のライブの出番直前に直電話が!


「自分、マイルスが好きすぎて30歳すぎてからトランペットを吹き始めたチンピラトランペッターっす」

「自分、“smiles davis”なんてふざけた名前のバンド組んじゃってNYの地下鉄車内とかでもライブやってきました」

興奮しすぎて訳分からんかったけど何とか自己アピールに成功!

赤城さんはあの鍵盤の音を彷彿とさせる穏やかな声で

「へー、いい名前だねえ、面白そうだねえ。」

さすが超一流!

こんなチンピラジャズマンを受け入れる懐の深さ!


もう言い切っちゃおう

ワシの魅力が分からん奴はジャズをやる資格はない!


なんちゃって


この日記を読んどる人の99%はポカーンとしとると思うけど

マジでどスゲーことなんよ


この奇跡の電話のおかげでスゲー最高なライブができちゃった

ラッパ吹いとる時マイルスが降りてきたもんな


ワシってほんとラッキーな男

 
 
 

トランペットをやっとる人って音楽を競技だと思っとる人が多い気がするやあ


どんだけ高い音が出せるかとか

どんだけ低いペダルトーンが出せるかとか

どんだけ早く音が切れるかとか

どんだけ正確な音が出せるかとか

クラシカルな基本に忠実に吹けるかとか


グッとくる音楽ってそういうことだけじゃない気がするんけどね


みんながみんな「千の風になって」みたいな歌い方だったら疲れちゃうじゃん


唄と同じで巧ければいいとは限らんだよ

もちろん単なる下手糞は問題外だけど


カラオケが巧いだけじゃプロの歌手にはなれんだよな

それと一緒じゃん?


ワシは下手糞トランペッターだけど

トランペットでも自分の唄が唄いたいんよ




でももう少しうまくなりたい

これも本音



最近ミニアコギに夢中だもんでラッパちゃんがヤキモチ焼いて言うこと聞いてくれんだよ

もっとラッパちゃんも愛してやたんとな

 
 
プロフィール
 

判治大介

Author:判治大介
男一匹、ハンヂ大介(ハンサム判治)食いしん坊日記

アクセス解析

 
 
リンク
 
 
 
ハンサム直通メール
 

ハンヂへのメッセージはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
月別アーカイブ
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
最近の記事
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。